早春の散策へ

3月10日

今日は天候晴れ気温も上がる予報。
『昼間の部』再開、、、ということで地元の里山を2か所ハシゴしてきました。

今年最初の蝶は
キタテハ210310-1
キタテハでした。

テングチョウ210310-1
テングチョウも飛んでいます。

日の差す林内に入ると、
ルリタテハ210310-1_01
正面の幹でルリタテハが開いていました。

そのすぐ上には
アカタテハ210310-1
アカタテハも開翅しています。

越冬蝶たちを撮影でき気分上々で次のポイントへ。


車を止めて歩き始めると日の当たる空間で
ムラサキシジミ210310-1
ムラサキシジミが開翅していました。

日の当たる散策路を歩いているとグレーの素早い蝶が飛びました。
ミヤマセセリ210310-1
ミヤマセセリです。
まだ発生していないかな…と思っていたので嬉しい出会いでした。

少し上り、開けたこんもりとした丘のポイントへ。
ヒオドシチョウ210310-1
予想通りヒオドシチョウが開いていました。
複数頭飛んでいましたが、その中でも傷みの少ない個体を掲載します。

奥にアセビがたくさんあったのですが、コツバメは見つからず下山。
途中今日まだチェックしていない、日の当たるポイントへ。

ルリタテハがたくさん飛んでいましたが、素早く飛ぶ小さなブルーの蝶を見つけました。

コツバメ210310-1
コツバメです。
高所に逆光という厳しい条件でしたが、なんとか収めることができました。

コツバメ210310-2
隙間から見える翅表のブルーに陽光が反射して美しい。

今日はたくさんの蝶に会うことができ、大満足の散策となりました。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ともきりん

ともきりんと申します。
蝶の観撮にハマり、早14年。

よろしくお願いします。